2.12 コマンドラインからの更新

SUSE Linuxには、パッケージのインストールおよび更新用の新しいコマンドラインツールであるrugが付属しています。このツールはrcdデーモンと連携し、与えられたコマンドに従って、ソフトウェアのインストール、更新、および削除を行います。ソフトウェアはチャンネル(カタログとも呼ばれる)という、同種のソフトウェアのグループにソートされます。例えば、1つのチャンネルには更新サーバからのソフトウェアを含まれ、別のチャンネルには、サードパーティのソフトウェアベンタからのソフトウェアが含まれます。個別のチャンネルに加入することで、利用可能なパッケージの表示を管理し、希望しないソフトウェアがインストールされるのを防ぎます。操作は通常、加入したチャンネルに含まれるソフトウェアに対してのみ実行されます。

最も一般的に使用されるコマンドはrug updateで、加入したチャンネル内でパッチのダウンロードおよびインストールを行います。ソフトウェアの更新のみを行いたい場合は、必要なコマンドはこれのみになります。1つのチャンネルからすべてのパッケージのリストを取得するには、rug pa channelnameを使用します。ここでchannelnameは、ご使用のチャンネル名に置き換えて使用してください。利用可能なサービスをすべてインストールするには、rug slを使用します。その他の役に立つrugコマンドおよびそれらの機能については、表 2.1. 「rug コマンド 」を参照してください。

表 2.1 rug コマンド

コマンド

機能

ca

カタログのリスト

sa

サービスの追加

reg

サービスの登録

sub

カタログまたはチャンネルへの加入

refresh

パッチリストの更新

2.12.1 rugの設定

rugには、異なるネットワーク設定において更新機能を提供する多くの環境設定が付属しています。設定可能な環境設定をリストするには、rug getを使用します。環境設定変数を設定するには、rug setと入力します。たとえば、システムを更新する必要があるけれども、コンピュータがプロキシサーバを経由する場合は、設定を調整します。更新をダウンロードする前に、プロキシサーバにユーザ名とパスワードを送信します。そのためには、次のコマンドを使用してください。

rug set proxy-url url_path
rug set proxy-username name
rug set proxy-password password
   

url_pathは、ご使用のプロキシサーバの名前に置き換えます。nameは、ご使用のユーザ名に置き換えます。passwordは、ご使用のパスワードに置き換えます。

2.12.2 更新のスケジューリング

コマンドラインツールのrugを使用することにより、スクリプトなどを使用して、システムを自動的にアップデートすることができます。最も単純な例は、完全な自動更新です。これを行うには、rootユーザでrug up -yを実行するcronジョブを設定します。up -yオプションは、ご使用のチャンネルから確認を求めることなくパッチのダウンロードおよびインストールを行います。

ただし、パッチは自動的にインストールしないようにしてください。代わりに、パッチを取得し、インストールするパッチを後で選択してください。パッチのダウンロードのみを行う場合、rug up -dyコマンドを使用します。up -dyオプションは、ご使用のチャンネルから確認を求めることなくパッチをダウンロードし、それをrugキャッシュに保存します。rugキャッシュのデフォルトの場所は/var/cache/redcarpetです。

2.12.3 関連資料

コマンドラインからの更新の詳細については、「rug --help」と入力するか、 rug(1)のmanページを参照してください。--helpオプションは、すべてのrugコマンドにおいても利用可能です。たとえば、rug updateに関するヘルプを読みたい場合、「rug update --help」と入力します。