6.16 実行されたプログラムによるライブラリ呼び出し: ltrace

コマンドltraceを使用すると、プロセスによるライブラリ呼び出しをトレースできます。このコマンドの使用方法は、straceと同様です。パラメータ-cを指定すると、発生したライブラリ呼び出しの回数と持続期間が出力されます。

tester@linux:~> ltrace -c find ~
% time     seconds  usecs/call     calls      function
------ ----------- ----------- --------- --------------------
 34.37    6.758937         245     27554 __errno_location
 33.53    6.593562         788      8358 __fprintf_chk
 12.67    2.490392         144     17212 strlen
 11.97    2.353302         239      9845 readdir64
  2.37    0.466754          27     16716 __ctype_get_mb_cur_max
  1.18    0.231189          27      8531 strcpy
  1.17    0.230765          27      8358 memcpy
[...]
  0.00    0.000036          36         1 textdomain
------ ----------- ----------- --------- --------------------
100.00   19.662715                105717 total