6.12 ファイルシステムと使用状況: mountdf、およびdu

コマンドmountは、どのファイルシステム(デバイスとタイプ)がどのマウントポイントにマウントされているかを出力します。

tester@linux:~> mount
/dev/hda3 on / type reiserfs (rw,acl,user_xattr)
proc on /proc type proc (rw)
sysfs on /sys type sysfs (rw)
udev on /dev type tmpfs (rw)
devpts on /dev/pts type devpts (rw,mode=0620,gid=5)
/dev/hda1 on /boot type ext2 (rw,acl,user_xattr)
/dev/hda4 on /local type reiserfs (rw,acl,user_xattr)
/dev/fd0 on /media/floppy type subfs (rw,nosuid,nodev,noatime,fs=floppyfss,procuid)
  

コマンドdfを使用して、ファイルシステムの使用状況に関する合計情報を入手してください。パラメータ-h (または--human-readable)を指定すると、出力は通常のユーザが理解できる形式に変換されます。

tester@linux:~> df -h
Filesystem            Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/hda3              11G  3.2G  6.9G  32% /
udev                  252M  104K  252M   1% /dev
/dev/hda1              16M  6.6M  7.8M  46% /boot
/dev/hda4              27G   34M   27G   1% /local
  

指定したディレクトリとそのサブディレクトリの全ファイルの合計サイズを表示するには、コマンドduを使用します。-sパラメータを指定すると、詳細情報は出力されません。-hは、再びデータを通常のユーザが理解できる形式に変換します。

tester@linux:~> du -sh /local
1.7M    /local