19.4 関連情報

次のソースではSLPについての詳しい情報が提供されています。

RFC 2608、2609、2610

一般的にRFC 2608はSLPの定義を取り扱います。RFC 2609は、使用されるサービスURLの構文を詳細に扱います。またRFC 2610ではSLPを使用したDHCPについて説明しています。

http://www.openslp.com

OpenSLPプロジェクトのホームページです。

/usr/share/doc/packages/openslp

このディレクトリには、SUSE Linuxの詳細、前述のRFC、および2つの入門用HTMLマニュアルが記載されているREADME.SuSEを含め、SLPに関する利用可能なマニュアルがすべて用意されています。SLPを使用するプログラマはopenslp-develパッケージをインストールし、その中で提供される『Programmers Guide』を確認してください。