32.2 SCPMのセットアップ

ここでは、SCPMの設定について説明します。実例として、複数のネットワーク間で実行するモバイルコンピュータを使用します。この例の主な課題には、以下のものがあります。

SCPMを実行して、変化するシステム設定を管理するようにするには、以下の手順に従います。

  1. 32.3.1項 「Profile Chooserパネルアプレットの設定」で説明しているように、Profile Chooserアプレットをパネルに追加し、ユーザによる切り替えができるように設定します。

  2. 32.3.2項 「基本的なSCPM設定」で説明しているように、YaST Profile Managerモジュールを使用してSCPMを設定します。

  3. 32.3.3項 「新規プロファイルの作成」で説明しているように、SUMF (SCPM Unified Management Front-End)を使用して、各セットアップのプロファイルを作成します。

  4. 32.3.4項 「プロファイルの切り替え」で説明しているように、現在の状況に適切なプロファイルに切り替えます。

コマンドラインインタフェースを使用してSCPMを制御する場合の詳細については、32.4項 「コマンドラインを使用したSCPMの設定」を参照してください。