16.4 関連情報

インストール済みシステムのディレクトリ/usr/share/doc/packages/pamには、次のドキュメントが用意されています。

READMEs

このディレクトリの最上位レベルには、一般的なREADMEファイルがいくつか入っています。サブディレクトリmodulesには、使用可能なPAMモジュールのREADMEファイルがあります。

『Linux-PAM System Administrators' Guide』

このマニュアルには、システム管理者を対象としたPAMに関する必須情報がすべて含まれています。設定ファイルの構文からPAMのセキュリティ面に至るまで、広範囲な項目を説明しています。このマニュアルは、PDFファイル、HTML形式およびプレーンテキストで提供されます。

『Linux-PAM Module Writers' Manual』

このマニュアルには、開発者を対象として標準準拠のPAMモジュールを記述する方法の概要が記載されています。このマニュアルは、PDFファイル、HTML形式およびプレーンテキストで提供されます。

『The Linux-PAM Application Developers' Guide』

このマニュアルには、PAMライブラリを使用するアプリケーション開発者に必要な情報がすべて含まれています。このマニュアルは、PDFファイル、HTML形式およびプレーンテキストで提供されます。

Thorsten KukukはSUSE Linux用のPAMモジュールを多数開発しており、その一部の情報はhttp://www.suse.de/~kukuk/pam/で公開されています。