21.2 NISクライアントの設定

[NIS Client]モジュールを使用して、NISを使用するようにワークステーションを設定します。ホストに静的IPアドレスを割り当てるのか、DHCPから提供されたIPアドレスを使用するのかを選択してください。DHCPからは、NISドメインとNISサーバも提供されます。DHCPについては、第23章 DHCPを参照してください。固定IPアドレスを使用する場合は、NISドメインとNISサーバを手動で指定します。詳細については、図 21.6. 「NISサーバのドメインとアドレスの設定」を参照してください。[Find]をクリックすると、YaSTはネットワーク全体でアクティブなNISサーバを検索します。ローカルネットワークのサイズにもよりますが、これには時間がかかる場合があります。[ブロードキャスト]は、指定したサーバが応答しなかったときに、ローカルネットワーク内でNISサーバを検索します。

[Addresses of NIS servers]にアドレスをスペースで区切って入力することにより、複数のサーバを指定することもできます。

ローカルインストールにもよりますが、オートマウンタも有効化することをお勧めします。このオプションは、必要に応じて他のソフトウェアもインストールします。

クライアントが使用しているサーバを他のホストに知られたくない場合は、エキスパート設定で、[Answer Remote Hosts]をオフにします。[ブロークンサーバ]を有効にすると、クライアントが、特権のないポートを介して通信するサーバからの応答を受信できるようになります。詳細については、man ypbindを参照してください。

設定を終えたら、[完了]をクリックして変更を保存し、YaSTコントロールセンターに戻ります。

図 21.6 NISサーバのドメインとアドレスの設定

NISサーバのドメインとアドレスの設定