24.3 ローカルリファレンスクロックの設定

ソフトウェアパッケージxntpには、ローカルリファレンスクロックに接続するためのドライバが含まれています。サポートされているクロックのリストは、xntp-docパッケージの/usr/share/doc/packages/xntp-doc/html/refclock.htmファイルに記載されています。各ドライバには、番号が関連付けられています。xntpの実際の設定は、疑似IPを使用して行われます。クロックは、ネットワークに存在しているものとして/etc/ntp.confファイルに入力されます。このため、これらのクロックには127.127.t.uという形式の特別なIPアドレスが割り当てられます。ここで、tはクロックのタイプを示し、使用されているドライバを決定します。uはユニットのタイプを示し、使用されているインタフェースを決定します。

通常、各ドライバは設定をより詳細に記述する特別なパラメータを持っています。ファイル/usr/share/doc/packages/xntp-doc/html/driverNN.htm(ここでNNはドライバの番号)は特定のクロックタイプに関する情報を提供します。たとえば、「タイプ8」クロック(シリアルインタフェース経由のラジオクロック)はクロックをさらに細かく指定する追加モードを必要とします。また、Conrad DCF77レシーバモジュールはモード5です。このクロックを優先参照として使用するには、キーワードpreferを指定します。Conrad DCF77レシーバモジュールの完全なserver行は次のようになります。

server 127.127.8.0 mode 5 prefer

他のクロックも同じパターンで記述されます。xntp-docパッケージのインストール後に、ディレクトリ/usr/share/doc/packages/xntp-doc/htmlにあるxntpのマニュアルを参照してください。これらのパラメータについては、説明のあるドライバページへのリンクがファイル/usr/share/doc/packages/xntp-doc/html/refclock.htmに記述されています。