1.5 システム管理とファイル管理

ここでは、システム管理とファイル管理のためのLinuxツールの概要について説明し、テキストエディタ、ソースコードエディタ、バックアップソリューション、およびアーカイブツールについて解説します。

表 1.5 WindowsとLinuxのシステム管理とファイル管理のソフトウェア

タスク

Windowsアプリケーション

Linuxアプリケーション

テキストエディタ

メモ帳、WordPad、(X)Emacs

kate、gedit、(X)Emacs、vim

PDFの作成

Adobe Distiller

Scribus

PDFビューア

Adobe Reader

Adobe Reader、Evince、KPDF、Xpdf

テキスト認識

Recognita、FineReader

GOCR

コマンドライン圧縮プログラム

zip、rar、arj、lhaなど

zip、tar、gzip、bzip2など

GUIベースの圧縮プログラム

WinZip

Ark、File Roller

ハードディスクのパーティション管理

PowerQuest、Acronis、Partition Commander

YaST、GNU Parted

バックアップソフトウェア

ntbackup、Veritas

dar、taper、dump

kate

KateはKDEスイートのメンバで、ローカルまたはリモートで複数のファイルを同時に開くことができます。Kateには構文の強調表示、プロジェクトファイルの作成、および外部スクリプト実行の機能があるため、プログラマに最適のツールです。詳細については、http://kate.kde.org/を参照してください。

gedit

GEditはGNOMEデスクトップの公式エディタで、Kateと同様の機能を提供します。詳細については、http://www.gnome.org/projects/gedit/を参照してください。

(X)Emacs

GNU EmacsとXEmacsはプロフェッショナル用エディタです。XEmacsは、GNU Emacsを基にしています。GNU Emacsのマニュアルには、「Emacsは拡張およびカスタマイズ可能で、セルフドキュメント機能を備えたリアルタイム表示エディタです」と記載されています。この2つのエディタの機能はほとんど同じですが、多少の違いはあります。経験豊富な開発者がEmacs Lisp言語を使用すると、機能を大いに拡張できます。ロシア語、ギリシア語、日本語、中国語、韓国語などの多くの言語がサポートされています。詳細については、http://www.xemacs.org/http://www.gnu.org/software/emacs/emacs.htmlを参照してください。

vim

vim (vi improved)は、viというテキストエディタに似たプログラムです。vimにはコマンドモードと挿入モードがあるため、場合によっては、慣れるまで時間がかかります。基本的な特徴は他のテキストエディタと同じですが、vimにはマクロの記録、ファイル形式の検出と変換、画面上の複数のバッファなどのユニークなオプションがあります。詳細については、http://www.vim.org/またはリファレンスを参照してください。

GOCR

GOCRは光学文字認識(OCR)ツールで、スキャンされたテキストイメージをテキストファイルに変換します。詳細については、http://jocr.sourceforge.net/を参照してください。

Adobe Reader

Adobe Reader for Linuxは、このアプリケーションのWindowsおよびMac版に完全に対応しています。Linux版のルックアンドフィールは、他のプラットフォームのものと同一です。Adobe Acrobatスイートの他のコンポーネントは、Linuxに移植されていません。詳細については、http://www.adobe.com/products/acrobat/readermain.htmlを参照してください。

Evince

Evinceは、GNOMEデスクトップ用の、PDFおよびPostScript形式のドキュメントビューアです。詳細については、http://www.gnome.org/projects/evince/を参照してください。

KPDF

KPDFは、KDEデスクトップ用のPDFビューアアプリケーションです。PDFの検索機能や、Adobe Readerと同様のフルスクリーンモードなどの機能があります。詳細については、http://kpdf.kde.org/を参照してください。

Xpdf

Xpdfは、LinuxおよびUnixプラットフォーム用の、軽量のPDFビューアスイートです。ビューアアプリケーションと、PostScriptやテキスト形式用のエクスポートプラグインが含まれています。詳細については、http://www.foolabs.com/xpdf/を参照してください。

gzip、tar、bzip2

ディスクの使用量を減らすためのパッケージ作成プログラムは数多くありますが、一般に圧縮アルゴリズムが異なるだけです。Linuxでは、Windowsの圧縮形式も使用できます。gziptarの詳細については、3.3.1.1項 「ファイル管理」 (↑起動)を参照してください。bzip2gzipより効率的ですが、圧縮アルゴリズムによっては時間がかかる場合があります。

GNU Parted

GNU Partedは、パーティションおよびファイルシステムの作成、破壊、サイズ変更、チェック、およびコピーのためのコマンドラインツールです。新しいオペレーティングシステムのためのスペースを作成する場合は、このツールを使用してディスクの使用量を調整し、ハードディスク間でデータをコピーします。詳細については、http://www.gnu.org/software/parted/を参照してください。

KDar

KDarはKDEディスクアーカイブを表し、ハードウェア独立のバックアップソリューションです。Darはtarとは違ってカタログを使用するため、アーカイブ全体を読み込まずに単独のファイルを抽出でき、増分バックアップを作成することもできます。KDarは、アーカイブを複数のスライスに分割して、スライスごとにデータCDやDVDの書き込みをトリガすることができます。KDarの詳細については、http://kdar.sourceforge.net/を参照してください。

taper

taperは使いやすいユーザインタフェースを提供するバックアップと復元のプログラムで、テープドライブを使用してファイルのバックアップと復元を実行できます。ファイルをアーカイブファイルにバックアップすることもできます。ディレクトリの再帰的な選択もサポートします。詳細については、http://taper.sourceforge.net/を参照してください。

dump

dumpコマンドはファイルシステムのファイルを確認し、バックアップする必要があるファイルを特定し、指定されているディスク、テープ、またはその他の記憶媒体にファイルをコピーします。restoreコマンドはdumpとは逆の操作を実行し、ファイルシステム全体のバックアップを復元します。詳細については、http://dump.sourceforge.net/を参照してください。