16.2 オーディオCDの作成

基本的に、オーディオCDの作成とデータCDの作成に大きな違いはありません。[ファイル]+[新しいオーディオCDプロジェクト]の順に選択します。個別のオーディオトラックをプロジェクトフォルダにドラッグアンドドロップします。オーディオデータは、WAVまたはOgg Vorbisのどちらかの形式でなければなりません。プロジェクトフォルダ内でトラックを上下に移動することにより、トラックの順序を決定します。

CD Textを使えば、CDのタイトル、アーティスト名、トラック名などのテキスト情報をCDに追加できます。この機能をサポートしているCDプレーヤは、この情報を読み取って表示することができます。オーディオトラックにCD Text情報を追加するには、まずトラックを選択します。右クリックして[プロパティ]を選択します。新しいウィンドウが表示され、情報を入力することができます。

オーディオCDを書き込むためのダイアログは、データCDを書き込むためのダイアログと大差ありません。しかし、[DAO][TAO]のモードは大きな違いをもたらします。[TAO]モードでは、各トラックの後に2秒の中断時間を挿入します。

[Tip]データの完全性の維持

オーディオCDを書き込むときは、低速の書き込み速度を選択した方が書き込みエラーが発生する可能性は低くなります。

必要に応じてすべての設定を調整したら、[書き込む]を使用して実際の書き込みプロセスを開始します。または、これらの設定を将来の使用や調整に備えて、[保存]を使用して保存します。