1.3 言語の選択

YaSTおよびSUSE Linuxは通常、必要に応じて、設定に多様な言語を使用できます。ここで選択された言語は、キーボード配列にも使用されます。さらに、はシステムクロックのタイムゾーンを推測するためにも、この言語設定を使用します。これらの設定は、システムにインストールする2番目の言語の選択にとともに、後で変更することができます。マウスが機能しない場合は、矢印キーで言語を選択し、[了解]が選択されるまでTabキーを押します。続いてEnterキーを押し、言語の選択を確定します。