1.9 ハードウェア設定

インストールの最後に、グラフィックカードやプリンタ、サウンドカードなど、システムに接続されているハードウェアコンポーネントの設定ダイアログが、により表示されます。個別のコンポーネントをクリックすると、ハードウェア設定が開始されます。多くの場合、デバイスはYaSTにより、自動的に検出され、設定されます。

すべての周辺デバイスの設定を省略し、後で設定することもできます。ただし、グラフィックカードの設定は、直ちに行うのが妥当です。が自動設定したディスプレイの設定は、通常、適用して問題ありません。ただし、解像度、色深度、その他のグラフィック機能の設定については好みが分かれる点でもあるため、設定はユーザごとにまったく異なることがあります。これらの設定を変更するには、それぞれの項目を選択して、値を設定してください。この設定についての詳細は、2.13.1項 「カードおよびモニタのプロパティ」を参照してください。最後のダイアログで[完了]をクリックして、SUSE Linuxのインストールを完了してください。