4.8 Usenet

1979年、インターネットがまだ普及する以前に創設されたUsenetは、最大級のコンピュータネットワークであり、現在もその活動を継続しています。Usenetの記事のフォーマットと伝送方式は、電子メールと非常に似ていますが、多数対多数のコミュニケーションを目的として開発された点が異なります。

Usenetでは、記事は7つのカテゴリに分けられています。comp.*はコンピュータに関連したディスカッション、misc.*はその他のトピック、news.*はニュースグループに関連した事柄、rec.*はレクリエーションと娯楽に関連したもの、sci.*は科学に関連したディスカッション、soc.*は社会関係のディスカッション、talk.*は議論されている様々なトピックを扱っています。これらの最上位のレベルは、さらにサブグループに分けられています。たとえば、comp.os.linux.hardwareでは、Linuxに関連したハードウェアの話題を扱っています。

記事の投稿を行うには、クライアントをニュースサーバに接続して、目的のニュースグループに加入する必要があります。ニュースクライアントにはKnodeやEvolutionがあります。各ニュースサーバは、互いに通信することによって記事を交換し合います。加入を行ったニュースサーバですべてのニュースグループが利用できない場合があります。

Linuxユーザ向けのニュースグループとしては、comp.os.linux.appscomp.os.linux.questions、およびcomp.os.linux.hardwareがあります。特定のニュースグループを見つけられない場合はhttp://www.linux.org/docs/usenetlinux.htmlを参照してください。ご利用の際は、http://www.faqs.org/faqs/usenet/posting-rules/part1/で閲覧可能なUsenetの一般規則に従ってください。