4.7 パッケージのドキュメント

パッケージをシステムにインストールすると/usr/share/doc/packages/packagenameというディレクトリが作成されます。そこには、パッケージのメンテナが記したファイルや、SUSEからの付加的な情報が置かれます。また、例となるファイル、設定ファイル、付加的なスクリプトなどが含まれていることもあります。通常は、以下のようなファイルが含まれています。しかし、これらは標準的なものではないので、すべてのファイルが用意されてはいないこともあります。

AUTHORS

パッケージの主な開発者のリストが記されています。通常はそれぞれの役割も書かれています。

BUGS

パッケージの既知のバグや不具合などが記されています。通常、Bugzilla Webページへのリンクもあり、そこでバグを検索することができます。

CHANGES, ChangeLog

バージョン間の変更点の概要です。非常に詳細なものなので、通常は、開発者にとって興味あるものです。

COPYING, LICENSE

ライセンス情報。

FAQ

メーリングリストやニュースグループから集められた質問と答えが含まれています。

INSTALL

パッケージをシステムにインストールするための手順が含まれています。通常はパッケージをすでにインストールしているはずなので、必要はありません。

README, README.*

使用方法についての一般的な情報、そのパッケージで行える事柄などが記されています。

今後の課題

まだ実装されていないものの、今後実装される予定の機能についての説明です。

MANIFEST

ファイルのリストと、それぞれの簡単な概要です。

NEWS

このバージョンでの新しい点が記されています。