19.3 GIMPでの作業開始

GIMPを初めて使用する場合、少々使いにくく感じるかもしれませんが、一度基本操作を覚えてしまえば、操作は簡単であることがわかります。不可欠な基本機能は、画像を作成し、開き、保存することです。

19.3.1 新しい画像の作成

新しい画像を作成するには、[ファイル]、+[新規]の順に選択するか、Ctrl-Nを押します。新しい画像に関する設定を行うためのダイアログが表示されます。必要に応じて、[Template]という名前の事前定義された設定を選択します。 カスタムテンプレートを作成するには、[ファイル]、+[ダイアログ]、+[テンプレート]の順に選択し、表示されたウィンドウにあるコントロールを使用します。

[画像のサイズ]セクションで、作成する画像のサイズをピクセルまたは他の単位で設定します。それ以外の単位を使用するには、使用可能な単位からなるリストを使用して、希望の単位をクリックします。ピクセルと他の単位との比率は、[解像度]で設定されており、[拡張オプション]セクションを開くと設定値を確認できます。72ピクセル/インチという解像度は、画面表示に対応しています。Webページの画像として使用する場合は、これで十分です。画像を印刷する場合は、これより高い解像度を使用してください。ほとんどのプリンタでは、300ピクセル/インチの解像度を使用すると、許容可能な画質になります。

[色空間]で、画像をカラー([RGB])と[グレースケール]のどちらにするかを選択します。 新しい画像を作成する場合は、]塗りつぶしの種類] も選択します。[描画色][背景色]は、ツールボックスで選択された色を使用します。[白]は、画像の背景色として白を使用します。[透明]は、クリアな画像を作成します。[透明]は、灰色のチェッカーパターン(格子模様)で表現されます。[コメント]には、新しい画像に関する説明を入力します。

設定値がニーズを満たした時点で、[OK]をクリックします。デフォルト設定に戻すには、[リセット]をクリックします。[キャンセル]をクリックすると、新規画像の作成を取り消します。

19.3.2 既存の画像を開く

既存の画像を開くには、[ファイル]、+[開く]の順に選択するか、Ctrl-Oを押します。ダイアログが開いたら、希望のファイルを選択します。または、Ctrl-Lを押し、目的の画像のURLを直接入力します。次に、[OK]をクリックして選択した画像を開くか、[キャンセル]をクリックして画像を開くのを取り消します。

19.3.3 画像のスキャン

既存の画像を開いたり、画像を新規作成する代わりに、画像をスキャンすることができます。GIMPから直接スキャンするには、パッケージxsaneがインストールされていることを確認します。スキャンを行うダイアログボックスを開くには、[File]+[Acquire]+[XSane:scanning device]の順に選択します。

スキャンするオブジェクトがスキャン領域全体よりも小さい場合は、プレビューを作成します。プレビューを作成するには、[プレビュー]ダイアログボックスの[Acquire preview]をクリックします。領域の一部のみをスキャンする場合は、目的の矩形の部分をマウスで選択します。

[xsane]ダイアログボックスで、グレースケールとカラー画像のどちらをスキャンするかを選択し、目的のスキャン解像度を選択します。解像度が高くなると、スキャンしたイメージの品質がよくなります。しかし、高解像度では、それに対応してファイルが大きくなり、スキャン処理に非常に時間がかかることがあります。最終的な画像のサイズ(ピクセル単位およびバイト単位の両方)が、ダイアログボックスの下部に表示されます。

[xsane]ダイアログボックスのスライダを使用して、目的のガンマ、明度、およびコントラストの値を設定します。変更内容は即座にプレビューに表示されます。すべての設定が完了したら、[スキャン]をクリックして画像をスキャンします。

19.3.4 画像ウィンドウ

新しい画像、開かれた画像、またはスキャンされた画像は、別のウィンドウ内に表示されます。それらのウィンドウの最上部にあるメニューバーを使用して、すべての画像機能を利用することができます。メニューバーの代わりに、画像を右クリックするか、ルーラの左隅にある小さな矢印をクリックする方法でメニューを使用することもできます。

[ファイル]メニューには、[保存][Print (印刷)]など、標準的なファイルオプションがあります。[閉じる]は、現在の画像を閉じます。[終了]は、このアプリケーション全体を終了させます。

[表示]メニュー内の項目を使用して、画像と画像ウィンドウの表示方法を制御します。[新規ビュー]は、現在の画像を表示する 2番目の表示ウィンドウを開きます。1つのビューに加えた変更は、その画像を表示している他のすべてのビューに反映されます。追加のビューは、あるビューで画像を拡大表示して操作しながら、他のビューで画像全体を表示する場合に役立ちます。現在のウィンドウの拡大レベルを調整するには、[ズーム]を使用します。[ウィンドウに合わせる]が選択されている場合、現在の画像表示サイズに合わせて、画像ウィンドウのサイズが適切に変更されます。