2.3 連絡先

Evolutionでは、複数の異なるアドレス帳を使用できます。使用可能なアドレス帳は、左側フレームのリスト内に表示されています。特定の連絡先を検索するには、検索バーを使用します。[ファイル]+[インポート]の順に選択すると、複数の形式の連絡先をEvolutionアドレス帳へ追加できます。連絡先を右クリックするとメニューが開き、連絡先の転送や連絡先のvCardとしての保存など、さまざまなオプションを選択することができます。連絡先を編集するには、対象の連絡先をダブルクリックします。

図 2.2 Evolutionのアドレス帳

Evolutionのアドレス帳

2.3.1 連絡先の追加

Evolutionでは、氏名と電子メールアドレスのほかに、個人に関する他のアドレスと連絡先の情報を格納することもできます。メッセージプレビューで、マークされているアドレスを右クリックすると、差出人の電子メールアドレスを連絡先として簡単に追加できます。新しい連絡先を詳細に入力する場合は、[連絡先]ビューで[新規]をクリックします。どちらの場合も、表示されたダイアログで連絡先情報を入力します。

[連絡先]タブで、連絡先の名前、電子メールアドレス、電場番号およびインスタントメッセージのIDを入力します。[個人情報]には、Webアドレスおよび他の詳細情報を入力します。[メールの住所]には、連絡先に関する他のアドレス情報を入力します。連絡先に関する情報をすべて入力し終わったら、[OK]をクリックしてその連絡先をアドレス帳に追加します。

2.3.2 リストの作成

特定の人々に対して電子メールメッセージを頻繁に送信する場合、それらの人々のアドレスを含むリストを作成することにより、作業を簡略化できます。[ファイル]+[新規]+[連絡先の一覧]の順にクリックします。[連絡先一覧エディタ]が起動されます。その一覧の名前を入力します。ボックス内にアドレスを入力して[追加]をクリックする方法、または[連絡先]ビューから連絡先をドラッグしてこのボックス内にドロップする方法のどちらかでアドレスを追加します。受信者が、同じメールを受け取った他の受信者(同報受信者)を表示できるかどうかを制御するには、[メールをこの一覧に送付したらアドレスを隠す]をオンまたはオフにします。作業が完了したら、[OK]をクリックします。この一覧は、自分の連絡先の1つになり、最初の数文字を入力すると作成ウィンドウ内に表示されるようになります。

2.3.3 アドレス帳の追加

対象アカウントのアカウント設定に、GroupWiseおよびExchangeのアドレス帳を追加設定します。ローカルまたはLDAPのアドレス帳を追加するには、[ファイル]+[新規]+[アドレス帳]の順に選択します。ダイアログが表示されたら、アドレス帳の種別を選択し、必要情報を入力します。