2.4 カレンダ

Evolutionでは複数のカレンダを動作させることができます。iCalendar形式でカレンダをインポートするには、[ファイル]+[インポート]の順に選択します。カレンダは、予定を入力したり、他のユーザとの会議をスケジュールするために使用します。必要であれば、スケジュールされた予定が始まることを知らせるためのリマインダを設定できます。

図 2.3 Evolutionカレンダ

Evolutionカレンダ

2.4.1 予定の追加

使用中のカレンダに新しい予定を追加するには、[ファイル]+[新規]+[予定]の順にクリックします。[予定]タブで、その予定の詳細を入力します。後で検索とソートが簡単に行えるように、必要に応じてカテゴリを選択します。オプションとして、[アラームを鳴らす]を使えば、予定が始まる前に思い出させるためのアラームをセットすることができます。その予定が定期的に実施されるようにする場合は、[繰り返し]タブで、繰り返される日付を設定します。すべての設定作業が終わった後で、[OK]をクリックします。これにより、新しい予定が使用中のカレンダ内に表示されるようになります。

2.4.2 会議のスケジュール設定

他のユーザとの会議をスケジュールするには、[ファイル]+[新規]+[会議]の順に選択します。その予定で自分が何を行うかに関する情報を入力します。[招待]または[スケジュール]内に出席者を追加します。出席者をアドレス帳から入力するには、[連絡先]を使用して、アドレス帳の連絡先のリストを開きます。[スケジュール]を使用すると、すべての出席者の都合がつく日時をスケジュール設定することもできます。出席者が設定した後に、日時を自動的に選択するには、[自動ピックアップ]をクリックします。

2.4.3 カレンダの追加

GroupWiseおよびExchangeのカレンダは、アカウント設定内で指定する必要があります。ローカルまたはWebのカレンダを追加するには、[ファイル]+[新規]+[カレンダ]の順に選択します。目的の種別を選択し、必要情報を入力します。