7.4 カーネル仕様

AMD64およびEM64T向けの64ビットカーネルには、64ビットと32ビットのカーネルABI (アプリケーションバイナリインタフェース)が用意されています。32ビットのカーネルABIは、該当する32ビットカーネルのABIと同じものです。つまり、32ビットアプリケーションが、32ビットカーネルの場合と同様に64ビットカーネルと通信できるということです。

64ビットカーネルのシステムコールの32ビットエミュレーションでは、システムプログラムで使用される多くのAPIをサポートしていません。ただし、このサポートの有無はプラットフォームによって異なります。このため、lspciやLVM管理プログラムなどの少数のアプリケーションは、正しく機能するように64ビットプログラムとしてコンパイルする必要があります。

64ビットカーネルでは、このカーネル用に特別にコンパイルされた64ビットカーネルモジュールしかロードできません。したがって、32ビットカーネルモジュールを使用することはできません。

[Tip]ティップ

一部のアプリケーションには、カーネルでロード可能な個々のモジュールが必要です。64ビットシステム環境でそのような32ビットアプリケーションを使用する予定がある場合は、このアプリケーションおよびのプロバイダに問い合わせて、このモジュール向けのカーネルでロード可能な64ビットバージョンのモジュールと32ビットコンパイルバージョンのカーネルAPIを入手できるかを確認してください。