パート 2 管理

目次

4. Linuxのセキュリティ
4.1. マスカレードとファイアウォール
4.2. SSH:安全なネットワーク操作
4.3. パーティションとファイルの暗号化
4.4. AppArmorによる権限の制限
4.5. セキュリティと機密性
5. Linuxのアクセス制御リスト
5.1. 従来のファイルパーミッション
5.2. ACLの利点
5.3. 定義
5.4. ACLの処理
5.5. アプリケーションでのACLサポート
5.6. 関連資料
6. システムモニタリングユーティリティ
6.1. 開いているファイルのリスト: lsof
6.2. ファイルにアクセス中のユーザ: fuser
6.3. ファイルのプロパティ: stat
6.4. USBデバイス: lsusb
6.5. SCSIデバイスに関する情報: scsiinfo
6.6. プロセス: top
6.7. プロセスリスト: ps
6.8. プロセスツリー: pstree
6.9. 実行者と実行内容: w
6.10. メモリの使用状況: free
6.11. カーネルリングバッファ: dmesg
6.12. ファイルシステムと使用状況: mountdf、およびdu
6.13. /procファイルシステム
6.14. PCI リソース: lspci
6.15. 実行中のプログラムのシステム呼び出し: strace
6.16. 実行されたプログラムによるライブラリ呼び出し: ltrace
6.17. 必須ライブラリの指定: ldd
6.18. ELF バイナリに関する補足情報
6.19. プロセス間通信: ipcs
6.20. timeを使用した時間測定