第9章 最も頻繁に起こる問題およびその解決方法

目次

9.1. 情報の検索
9.2. インストールの問題
9.3. ブートの問題
9.4. Loginの問題
9.5. ネットワークの問題
9.6. データの問題
9.7. SUSE Linuxのサポート

この章では、できるだけ多くの起こり得る問題のタイプをカバーする意図で、SUSE Linuxに関して最も頻繁に起こる可能性のある一連の問題を述べます。そうすることで、実際に遭遇した状況がここにリストされていなくても、解決のヒントを与えるのに十分類似したものがあり得ます。


9.1 情報の検索

Linuxでは、詳細なログが取得されます。SUSE Linuxシステムの使用中に問題が発生した場合、調べる必要のあるところが何箇所かあります。それらのほとんどは、Linuxシステム一般で標準とされるもので、あとの残りは、SUSE Linuxに特有のものです。

以下に、最も一般的にチェックされるログファイルおよびそのファイルが通常含んでいるもののリストを示します。

ログファイル

説明

/var/log/boot.msg

ブート時にカーネルから受け取るメッセージです。

/var/log/mail.*

メールシステムから受け取るメッセージです。

/var/log/messages

起動中に、カーネルおよびシステムのログデーモンから継続的に受け取るメッセージです。

/var/log/SaX.log

SaXディスプレーとKVMシステムから受け取るハードウェアメッセージです。

/home/user/.xsession-errors

現在実行中のデスクトップアプリケーションからのメッセージです。userは、実際の値で置き換えられます。

/var/log/warn

カーネルおよびシステムのログデーモンから受け取る、警告レベル以上が割り当てられたすべてのメッセージです。

/var/log/wtmp

現在のコンピュータセッションのユーザのログインレコードを含むバイナリファイルです。lastコマンドを使用して表示させます。

/var/log/Xorg.*.log

Windowシステムから受け取る、起動時および実行時のさまざまなログです。Xの失敗した起動をデバッグするのに役に立ちます。

/var/log/YaST2/

YaSTのアクションおよびその結果を含んでいるディレクトリです。

/var/log/samba/

Sambaサーバおよびクライアントのログメッセージを含んでいるディレクトリです。

Linuxには、システム解析とモニタリング用のさまざまなツールが含まれています。システム診断で使用される最も重要なツールの選択については、第6章 システムモニタリングユーティリティ (↑リファレンス)を参照してください。

以下に含まれる各シナリオは、問題を説明するヘッダに続いて、推奨される解決方法、詳細な解決方法への利用可能な参照、および関連する他のシナリオへの相互参照が書かれた、1つまたは2つの段落から構成されています。