第14章 Linux環境のサウンド

目次

14.1. ミキサー
14.2. マルチメディアプレーヤー
14.3. CD:再生とリッピング
14.4. Audacityによるハードディスク録音
14.5. WAVファイルの直接録音と再生

概要

Linuxには、幅広いサウンドとマルチメディアのアプリケーションが含まれます。一部のアプリケーションはメインのデスクトップ環境の構成要素になっています。ここで説明するアプリケーションを使用すると、再生のボリュームとバランスを調整し、CDと音楽ファイルを再生し、各自のオーディオデータを録音して圧縮できます。


14.1 ミキサー

ミキサーは、音量、サウンド出力とコンピュータの入力のバランスをコントロールする使いやすい方法です。多様なミキサー間の相違点には、ユーザインタフェースの外観も含まれています。ただし、特定のハードウェア用に設計されたミキサーもあります。たとえば、envy24controlはEnvy 24サウンドチップ専用のミキサーです。もう1つの例は、RME Hammerfallカード専用のhdspmixerです。使用可能なミキサーの中から、ニーズに最適なミキサーを選択します。

[Tip]ミキサーの開始

一般に、ミキサーアプリケーションは、他のサウンドアプリケーションより前に開いておくことをお勧めします。ミキサーを使用して、サウンドカードの入力と出力のコントロール設定を調整します。

14.1.1 KDEミキサーアプレット

KMixは、デフォルトのKDEミキサーアプリケーションです。KMixは、システムトレーの小さなパネルアプレットとしてKDEパネルに統合されています。パネルアイコン(スピーカ)をクリックすると、コントロールスライダを使用してスピーカのボリュームを調整できます。アイコンを右クリックすると、KMixのコンテキストメニューが表示されます。サウンド出力をオフにする場合は、[ミュート]を選択します。パネルアイコンの外観が変化します。再び[ミュート]をクリックすると、ボリュームのミュートが解除されます。サウンド設定を微調整するには、[ミキサーウィンドウを表示]を選択し、[出力][入力]、および[スイッチ]を設定します。設定するデバイスには、デバイスアイコンを右クリックして表示されるそれぞれのコンテキストメニューがあります。各デバイスは、個別にミュートまたは隠すことができます。

図 14.1 KMixミキサー

KMixミキサー

14.1.2 GNOMEボリュームコントロール

GNOMEデスクトップ用のGNOMEボリュームコントロールアプレットは、GNOMEパネルに統合されています。パネルアイコンをクリックすると、簡単なコントロールスライダを使用してスピーカのボリュームを調整できます。サウンド出力をオフにするには、アイコンを右クリックして[ミュート]を選択します。ボリュームコントロールアイコンの外観が変化します。サウンド出力のミュートを解除するには、再びアイコンを右クリックして[ミュート]を選択します。[Open Volume Control (ボリュームコントロールを開く)]を選択すると、図 14.2. 「GNOMEボリュームコントロール」 (↑アプリケーション)に示すミキサーの高度な機能にアクセスできます。各サウンドデバイスには、それぞれのミキサータブがあります。

図 14.2 GNOMEボリュームコントロール

GNOMEボリュームコントロール

14.1.3 alsamixer

alsamixerは、X環境を使用せずにコマンドラインから実行できるため、キーボードショートカットのみを使用して完全に制御できます。alsamixerウィンドウは、常に、情報エリアおよびそれぞれ名前の付けられたデバイスのボリュームバーで構成されます。

デバイスを選択するには、、またはNPを使用します。ボリュームを調整するには、、または+-を使用します。ステレオチャネルを個別に制御することもできます。ボリュームを大きくするにはQW、およびEを使用し、ボリュームを小さくするにはZX、およびCを使用します。09までの数字キーは、絶対ボリュームをすばやく変更するために使用します。各数字キーは、最大ボリュームの0~90パーセントに対応します。すべてのミキサーコントロールは、Mキーを使用してミュートとミュートの解除を切り替えることができます。ミュートされているコントロールの名前の下には[MM]と表示されます。

alsamixerには、[再生][Capture (キャプチャ)]、および[All (すべて)]の3つのビューモードがあります。デフォルトでは、alsamixerは[再生]モードで起動されるため、再生に関連するミキサーコントロール(マスタボリューム、PCM、CDなど)のみが表示されます。[Capture (キャプチャ)]を選択すると、録音に使用するコントロールのみが表示されます。[All (すべて)]を選択すると、使用できるすべてのコントロールが表示されます。ビューモードの切り替えには、F3F4、およびF5を使用するか、→|を使用してそれらを切り替えます。

14.1.4 ミキサーアプリケーションのルックアンドフィール

ミキサーアプリケーションのルックアンドフィールは、使用するサウンドカードのタイプによって異なります。SB Live!などの一部のドライバには制御(チューニング)可能な多くのミキサー要素があり、プロ用のサウンドカードのドライバにはまったく異なる名前の要素があります。

14.1.4.1 オンボードサウンドチップ

ほとんどのPCIオンボードサウンドチップは、AC97コーデックに基づいています。[マスタ]を使用すると、前面スピーカのメインボリュームを調整できます。[サラウンド][中央]、および[LFE]を使用すると、リアスピーカ、センタースピーカ、およびバスブーストスピーカを調整できます。各スピーカには、ミュートスイッチがあります。さらに、[ヘッドホン][マスタモノラル]ボリュームがあるボードもあります。後者は一部のラップトップの内蔵スピーカに使用されています。

[PCM]は、デジタルWAVE再生の内部ボリュームレベルを制御します。PCMは、デジタル信号形式の1つであるPulse Code Modulationの略称です。このコントロールには、個別のミュートスイッチがあります。

[CD][ライン][マイク][補助入力]などのその他のボリュームは、対応する入力からメイン出力までのループバックボリュームを制御します。これらは再生ボリュームのみに影響し、録音レベルには影響しません。

録音する場合は、[Capture (キャプチャ)]スイッチをオンにします。これがマスタ録音スイッチです。[Capture (キャプチャ)]ボリュームは、録音の入力ゲインです。このスイッチは、デフォルトでゼロに設定されます。[ライン]または[録音]などの録音ソースを選択します。録音ソースは排他のため、同時に2つのソースを選択することはできません。[Mix (ミックス)]は、特別な録音ソースです。このソースからは、再生中の信号を録音できます。

AC97コーデックチップによっては、3D、低音/高音などの特殊効果も使用できます。

14.1.4.2 SoundBlaster Live!とAudigyファミリ

SoundBlaster Live!とSB Audigy1には、AC97コーデックチップとDSPエンジンのための多くのミキサーコントロールがあります。これまでに説明したコントロールに加えて、内部信号のルーティング、PCMの減衰、WaveTable MIDI、およびAC97ミキシングを制御するための[ウェーブ][音楽]、および[AC97]ボリュームがあります。すべてを再生する場合は、ボリュームを100%にします。SB Audigy2(モデルに依存)のコントロールはSB Liveより少ないですが、[ウェーブ][音楽]コントロールはあります。

SB Liveの録音機能は、オンボードチップと同様です。再生されているPCMとWaveTableの信号を録音するための追加録音ソースとしては、[ウェーブ][音楽]を選択できます。

14.1.4.3 USBオーディオデバイス

USBオーディオデバイスのミキサーコントロールの数は一般的に多くはありません。何もない場合もあります。ほとんどのデバイスには、再生ボリュームを調整するための[マスタ]または[PCM]コントロールスイッチがあります。

14.1.5 サウンドチップEnvy24対応のミキサー

envy24controlは、Envy24 (ice1712)チップを搭載したサウンドカード用のミキサーアプリケーションです。Envy24チップの柔軟性の結果、サウンドカードごとにその機能は異なります。このサウンドチップに関する最新情報は、/usr/share/doc/packages/alsa-tools/envy24controlファイルに記載されています。envy24controlを使用するには、alsa-tools-guiパッケージをインストールします。

図 14.3 envy24controlのモニタとデジタルミキサー

envy24controlのモニタとデジタルミキサー

envy24controlの[Monitor Mixer]タブには、サウンドカード内でデジタルにミキシング可能な信号レベルが表示されます。[PCM Out]と指定された信号は、PCMデータをサウンドカードに送るアプリケーションにより生成されます。アナログ入力信号は、[H/W In]に表示されます。[S/PDIF]入力は、右側に表示されます。[Analog Volume]タブでアナログチャネルの入力レベルと出力レベルを設定します。

[Monitor Mixer]スライダを使用して、デジタルミキシングを行います。それぞれのレベルが[Digital Mixer]に表示されます。各出力チャネルの]Patchbay]タブには、チャネルソースを選択するための一連のラジオボタンがあります。

アナログからデジタルおよびデジタルからアナログへのコンバータ用のアンプを[Analog Volume]で調整します。出力チャネルには[DAC]スライダを使用し、入力チャネルには[ADC]スライダを使用します。

S/PDIFチャネルの設定は、[ハードウェアの設定]タブで行います。Envy24チップは音量の変更に、[Volume Change]で設定可能な遅延時間の経過後に反応します。