第32章 システム設定プロファイル管理

目次

32.1. 用語
32.2. SCPMのセットアップ
32.3. グラフィカルユーザインタフェースを使用したSCPMの設定
32.4. コマンドラインを使用したSCPMの設定
32.5. トラブルシューティング
32.6. 関連情報

概要

SCPM (system configuration profile management)を使用して、さまざまな操作環境やハードウェア設定に合わせてコンピュータの設定を調整します。SCPMは、さまざまなシナリオに合わせた一連のシステムプロファイルを管理します。SCPMを使用すると、システムプロファイル間での切り替えが容易になり、システムを手動で再設定する必要がなくなります。

環境に応じてシステム設定を変更しなければならない場合があります。さまざまな場所で使用されるモバイルコンピュータなどは特にこのケースに該当します。また、デスクトップシステムでも通常使用しているのとは違うハードウェアコンポーネントを一時的に使用する必要がある場合などに、SCPMは有用です。元のシステム設定を簡単に復元できることはもとより、システム設定の変更を再現することも可能です。SCPMでは、システム設定のどの部分でもカスタマイズしたプロファイルとして保存できます。

SCPMが主に利用されるのは、ラップトップのネットワーク設定です。多くの場合、ネットワーク設定が違えば、電子メールやプロキシなど、他のサービスの設定も変更が必要になります。他の要素も同様です。自宅と会社で異なるプリンタを使用する、会議のマルチメディアプロジェクタ用にカスタマイズされたXサーバ設定を行う、外出先で特別な電源管理を適用する、外国支店で異なるタイムゾーンを使用するなど、さまざまな要因が考えられます。


32.1 用語

ここでは、SCPMのマニュアルやYaSTモジュールで使用される用語について説明します。

システム設定

コンピュータの完全な設定を指します。たとえば、ハードディスクパーティションの使用、ネットワーク設定、タイムゾーンの選択、およびキーボードマッピングなどの基礎的な設定をすべて含みます。

プロファイルまたはシステムプロファイル

保存されていて、いつでも復元できる状態。

アクティブプロファイル

最後に選択されたプロファイルを指します。設定はいつでも変更できるので、現在のシステム設定が有効なプロファイルと同じだとは限りません。

リソース

システム設定に影響する要素。これは、ファイルまたはソフトリンク(ユーザ、許可、またはアクセス時間などのメタデータを含む)です。また、このプロファイルでは動作するが、他のプロファイルでは動作しないシステムサービスも含まれます。

リソースグループ

すべてのリソースは、特定のリソースグループに属します。リソースグループは論理的に共通なリソースで構成されます。ほとんどのグループには、サービスとその設定ファイルの両方が含まれています。SCPMによって管理されるリソースは、対象のサービスの設定ファイルに関する知識を必要としないため、ごく簡単に組み合わせることができます。SCPMには事前にリソースグループが設定されており、ほとんどの場合はそれらで対応できます。