第9章 KGetダウンロードマネージャ

目次

9.1. リストへの転送の追加
9.2. タイマ制御の転送

KGetは、KDEのダウンロードマネージャです。ウィンドウ内での転送を管理します。転送の停止、再開、削除、キューへの登録、および追加を行うことができます。メインメニューからKGetを起動するか、Alt-F2を押して、「kget」と入力します。

KGetを初めて起動する場合は、Konquerorとの統合を選択できます。KGetをKonquerorに統合すると、KGetが下向き矢印のアイコンとしてシステムトレイに追加されます。KGetの転送を表示するには、この矢印をクリックします。

図 9.1 KGet

KGet

9.1 リストへの転送の追加

転送を追加するには、[ファイル]+[貼り付け]の順にクリックします。URLを指定し、[OK]をクリックします。最後に、ダウンロードしたファイルの保存場所を選択します。転送のエントリがKGetのメインウィンドウに追加され、ダウンロードが開始されます。

転送を追加するもう1つの方法は、単にファイル(FTPサーバからのファイルなど)をKonquerorからドラッグし、KGetのメインウィンドウにドロップする方法です。

ダウンロードの環境設定を変更するには、[設定]+[KGetを設定]の順にクリックします。