第23章 DHCP

目次

23.1. YaSTによるDHCPサーバの設定
23.2. DHCPソフトウェアパッケージ
23.3. DHCPサーバdhcpd
23.4. 関連情報

概要

dynamic host configuration protocol (DHCP)の目的は、ネットワーク環境設定を各ワークステーションでローカルに行うのではなく、サーバから一元的に割り当てることです。DHCPを使用するように設定されたクライアントは、自身の静的アドレスを制御できません。サーバからの指示に従って、すべてが自動的に設定されるからです。クライアント側でNetworkManagerを使用する場合は、クライアントを設定する必要はまったくありません。これは、環境を変更し、一度に1つのインタフェースしかない場合に便利です。DHCPサーバが実行しているマシン上ではNetworkManagerを使用しないでください。

DHCPサーバの設定方法の1つとして、ネットワークカードのハードウェアアドレス(ほとんどの場合、固定)を使用して各クライアントを識別し、そのクライアントがサーバに接続するたびに同じ設定を提供する方法があります。DHCPはまた、サーバが用意したアドレスプールから、アドレスを各クライアントに動的に割り当てるように設定することもできます。後者の場合、DHCP サーバは要求を受信するたびに、接続が長期にわたる場合でも、クライアントに同じアドレスを割り当てようと試みます。これは、ネットワークにアドレス以上のクライアントが存在しない場合にのみ機能します。

DHCPは、システム管理者の負担を軽減します。サーバの環境設定ファイルを編集して、アドレスに関するあらゆる変更(大きな変更であっても)と一般的なネットワークの環境設定を一元的に実装できます。これは、多数のワークステーションをいちいち再設定するのに比べるてはるかに簡単です。また、特に新しいマシンをネットワークに統合する場合、IPアドレスをプールから割り当てられるので、作業が楽になります。適切なネットワークの環境設定をDHCPサーバから取得する方法は、日常的に、ラップトップをさまざまなネットワークで使用する場合に特に便利です。

DHCPサーバは、クライアントが使用するIPアドレスとネットマスクを供給するだけでなく、ホスト名、ドメイン名、ゲートウェイ、およびネームサーバアドレスも供給します。この他にも、DHCPを使用して一元的に設定できるパラメータがあり、たとえば、クライアントが現在時刻をポーリングするタイムサーバやプリントサーバも設定可能です。


23.1 YaSTによるDHCPサーバの設定

このモジュールを初めて起動すると、サーバ管理に関して少数の基本的な事項を決定するように要求されます。この初期セットアップを完了すると、必要最低限の機能が設定された基本的なサーバ設定が生成されます。エキスパートモードは、さらに高度な設定タスクを行う場合に使用できます。

カードの選択

最初のステップでは、によりシステムで使用可能なネットワークインタフェースが検査され、リスト形式で表示されます。リストから、DHCPサーバがリスンするインタフェースを選択し、[追加]をクリックします。この後、[Open Firewall for Selected Interfaces]を選択して、このインタフェース用のファイアウォールを開きます。図 23.1. 「DHCPサーバ:カードの選択」を参照してください。

図 23.1 DHCPサーバ:カードの選択

DHCPサーバ:カードの選択
グローバル設定

エントリフィールドに、DHCP サーバで管理する全クライアントのネットワークを指定します。この指定には、ドメイン名、タイムサーバのアドレス、プライマリネームサーバとセカンダリネームサーバのアドレス、印刷サーバとWINSサーバのアドレス(WindowsクライアントとLinuxクライアントの両方が混在するネットワークを使用する場合)、ゲートウェイアドレスおよびリース期間が含まれます。図 23.2. 「DHCPサーバ:グローバル設定」を参照してください。

図 23.2 DHCPサーバ:グローバル設定

DHCPサーバ:グローバル設定
動的DHCP

このステップでは、クライアントに対する動的IPアドレスの割り当て方法を設定します。そのためには、サーバがDHCPクライアントに割当て可能なIPアドレスの範囲を指定します。これらのアドレスは、すべて同じネットマスクを使用する必要があります。また、クライアントがリースの延長を要求せずにIPアドレスを維持できるリース期間も指定します。必要に応じて、最大リース期間、つまりサーバが特定のクライアントのIPアドレスを保持している期間を指定します。図 23.3. 「DHCPサーバ:動的DHCP」を参照してください。

図 23.3 DHCPサーバ:動的DHCP

DHCPサーバ:動的DHCP
環境設定の完了と実行モードの設定

環境設定ウィザードの3つ目の手順を終了すると、最後にDHCPサーバの起動方法を定義するダイアログが表示されます。ここでは、システムのブート時にDHCPサーバを自動的に起動するか、テスト時など必要に応じて手動で起動するかを指定します。[完了]をクリックして、サーバの環境設定を完了します。図 23.4. 「DHCPサーバ:起動」を参照してください。

図 23.4 DHCPサーバ:起動

DHCPサーバ:起動