第8章 GNOMEデスクトップのカスタマイズ

目次

8.1. ハードウェア設定
8.2. ルックアンドフィールの設定
8.3. 個人設定
8.4. システム設定
8.5. メニューおよびツールバーの外観の変更
8.6. 好みのアプリケーションの設定

GNOMEデスクトップをカスタマイズするには、[Desktop Preferences]を使用します。変更できる設定には、デスクトップの背景、スクリーンセーバ、キーボードとマウス、サウンド、およびファイルの関連付けなどがあります。まず、[デスクトップ]+[GNOMEコントロールセンター]の順にクリックし、変更するデスクトップの設定を選択します。各モジュールで使用できるオプションの詳細については、[ヘルプ]をクリックしてください。設定モジュールで実行した変更はすべて、即座にシステムに反映されます。

図 8.1 GNOMEデスクトップの設定

GNOMEデスクトップの設定

8.1 ハードウェア設定

ハードウェア設定では、キーボード、マウス、プリンタ、リムーバブルドライブ、およびメディアを設定し、画面解像度を設定します。

8.1.1 キーボードの設定の変更

[Keyboard Preferences]を使用すると、キーボードの自動繰り返し設定を変更し、打鍵間隔を設定することができます。[アクセス補助]ボタンをクリックすると、キーボードのアクセス補助設定ツールが起動します。

8.1.2 マウスの設定

[Mouse Preference]を使用すると、右きき用または左きき用にマウスを設定することができます。マウス移動の速度および感度も指定できます。

8.1.3 プリンタのインストールと設定

このモジュールを使用すると、プリンタをインストールおよび設定できます。SUSE Linuxシステムでは、これらの設定は2.4.5項 「プリンタ」で説明するように、YaSTで最適に行われます。

8.1.4 リムーバブルドライブおよびメディアの設定

このモジュールを使用すると、リムーバブルドライブおよびメディアの設定を指定できます。これらの設定は、デバイスおよび各種メディアの自動動作を制御します。

8.1.5 画面解像度設定の指定

このモジュールを使用すると、画面の解像度設定を指定できます(解像度およびリフレッシュレートを含む)。SUSE Linuxシステムでは、これらの設定は14.1項 「SaX2によるX11の設定」 (↑リファレンス)で説明するように、YaSTで最適に行われます。