17.4 トラブルシューティング

ここでは、一般的な問題を解決するためのヒントを紹介します。詳細に順を追って説明したものではありませんが、問題を解決の手がかりになります。

Xen3にはネットワーキングに関する問題があります。

ネットワーキングの概念は、Xen2からXen3で大幅に変更されました。ブリッジのブロックを防ぐため、ドメイン-0は、ブリッジに直接接続できなくなりました。残念ながら、システムの初期化スクリプトは現在の設定では処理できません。ネットワークを再起動するには、/etc/init.d/xend restartを実行します。

ファイルシステムをチェックする必要がある。

ファイルシステムチェックが自動的に起動しない場合、ドメイン-0から手動で起動できます。ゲストを停止し、マウントされていない間にイメージでfsckを実行します。fsckで、ファイルシステムがマウントされているというエラーが表示される場合、mountコマンドでマウントをチェックします。

DHCPがIPアドレスを取得しない。

DHCPが、実行するいくつかのiptablesカーネルモジュールを必要としています。ゲストシステムで、これらのモジュールまたは更新したカーネルがインストールされていないか、カーネルモジュールを更新し忘れました。

hypervisorのブート時に問題が発生したが、表示されたメッセージがすぐに消えてしまった。

シリアルnullmodemケーブルでXenマシンを別のワークステーションに接続します。次に、Xen側で、以下のパラメータを以下の行に追加します。

kernel (hd0,0)/boot/xen.gz com1=115200,8n1

Xenのブート前に、ターミナルプログラムをワークステーションで起動します。以下に例を示します。

screen /dev/ttyS0 115200     

必要に応じて、デバイスおよび速度を変更します。