7.7 OpenOffice.orgを使用したドキュメントのオープンまたは作成

OpenOffice.orgというオフィススイートには、ワードプロセッサ、表計算ソフト、プレゼンテーションプログラム、ベクタ描画プログラム、およびデータベースコンポーネントを含む、一連のオフィスツールが用意されています。OpenOffice.orgは多数のオペレーティングシステムで使用できるので、異なるコンピューティングプラットフォーム間で同じデータを使用できます。また、必要であれば、Microsoft Office形式でファイルを開いて編集し、この形式に戻して保存することもできます。OpenOffice.orgを起動するには、Alt-F2を押し、「OOo」と入力します。

OpenOffice.orgには、多数のサンプルドキュメントおよびテンプレートが用意されています。テンプレートにアクセスするには、[ファイル]+[New]+[Templates and Documents]の順にクリックします。オートパイロットも使用できます。オートパイロットとは、手紙やその他の一般的なドキュメントの作成を順を追って指示する機能です。

OpenOffice.orgの詳細については、第1章 OpenOffice.orgオフィススイート (↑アプリケーション)を参照するか、任意のOpenOffice.orgプログラムでヘルプを表示してください。